柏書房株式会社KASHIWA SHOBO

近刊

神秘的じゃない女たち

女性の観点から科学を見つめ、科学の観点から女性の体と経験を理解しようとした思索の軌跡。韓国SFの俊英キム・チョヨプらも推薦。

定価
2,200円(本体 2,000円)
刊行
2024/04/24
ISBN
9784760155613
判型
四六判
ページ数
206
ジャンル
自然科学・建築

内容・目次

内容

★第6回「書店員が選ぶ今年の本」選出(自己啓発・経営、経済、科学部門/韓国書店組合連合会発表)


★寄せられた賛辞
“女性の経験と共にあるさまざまな議論が複雑に入り混じった科学の話を読んでいるうちに、私自身も、科学と女性が出合うことで、目の前の壁を飛び越えられる日が来るかもしれないと夢見るようになった。”――キム・チョヨプ(韓国SFの俊英)


“我々が今まで男性の立場から科学をしてきたことに気づかされた。(…)女性が参加し、女性の観点で創造されるフェミニズムと科学技術の研究は人類の希望だ。”――チャン・ハソク(科学史・科学哲学者/ケンブリッジ大学教授)


★本書の内容
受精は、能動的な精子が受動的な卵子を捕獲する過程ではない。
卵子凍結はあるのに、男性のための精子凍結がないのはなぜ?
アシスタントロボットが「女型」である理由とは?


本書は、かつて科学者になる夢をあきらめた著者が、フェミニズムと科学技術社会論に出合い、憎んでいた科学と「和解」し、女性の観点から科学を見つめ、科学の観点から女性の体と経験を理解しようとした思索の軌跡をまとめたものだ。


“私は、科学と分かり合えなかった経験のある人たち、そのせいで科学の本にはなかなか手が伸びないという読者を思い浮かべながら本書を執筆した。ほかでもない、私がそういう人間だったからだ。”(「はじめに」より)


本書の探究は、「子どものような純粋無垢な好奇心」からばかり出発するわけではない。その出発点は、卵子凍結について悩むことかもしれないし、高校を卒業してすぐに受けた二重手術かもしれない。うつ病になること、摂食障害になること、妊娠とキャリアについて考えること、無責任な父親について考えること、かもしれない。さまざまな要素が混ざり合う、複雑な個人の暮らしから、本書は話を始めていく。


客観的で普遍的で価値中立的であることを装いつつ、じつのところ女性について無知だった科学にかけられた「呪い」を解き、「よき友」として付き合っていくためのエッセイ集だ。同時に、理系への進学を検討している学生や、その子らを見守る大人たちにもおすすめしたい。


“科学が本当の意味で変化するためには、賢い女子学生ではなく、平凡な女子学生こそもっと必要なのだ。(…)科学者や工学者になりたいという女の子や青少年が周囲にいたら、めいっぱい励ましてあげてほしい。(…)「実力さえあれば女でもなんだってできる」といった言葉の代わりに、「今までそこそこしか勉強してない男子学生だって科学者になれたし、科学界の80%に所属できているんだよ」と付け加えてあげてほしい。”(「おわりに」より)


本書は신비롭지 않은 여자들 (SINBIROPJI ANEUN YEOJADEUL) by 임소연 (Leem Soyeon)の日本語訳である。


【著者略歴】
イム・ソヨン〈임소연〉
フェミニズムと科学技術論に出合ってから再び科学に開眼したフェミニスト科学技術論者。ポストヒューマンと体、テクノロジーとジェンダー、新唯物論フェミニズムなどをテーマに研究している。ソウル大学自然科学学部を卒業、アメリカのテキサス工科大学で博物館学修士、ソウル大学科学史および科学哲学共同過程・科学技術論専攻で博士号を取得した。ソウル江南に所在する整形外科と自身の体をフィールドにして整形技術について研究した『私はどうやって整形美人になったのか』(未邦訳)のほかに、韓国女性の体に関連した技術と医学、文化を分析した論文が『Social Studies of Science』、『Medical Anthropology』、『Ethnic and Racial Studies』、『East Asian Science, Technology and Society』などに掲載されている。現職はトンア大学基礎教養大学助教授。


【訳者略歴】
オ・ヨンア〈呉永雅〉
在日コリアン三世。慶応義塾大学、延世大学国際大学院、梨花女子大通訳翻訳大学院卒、同大学院博士課程修了。2007年韓国文学翻訳新人賞受賞。2023年韓国文学翻訳翻訳大賞受賞。梨花女子大通訳翻訳大学院、韓国文学翻訳院講師。訳書にキム・ヨンス『世界の果て、彼女』、イ・ラン『悲しくてかっこいい人』、ク・ジョンイン『秘密を語る時間』、チョ・ヘジン『かけがえのない心』、シム・チェギョン『天文学者は星を観ない』、チェ・ジウン『ママにはならないことにしました』など多数。


目次

はじめに 神秘的じゃないすべての人のために
1章 性染色体は存在しない
2章 女と男がモザイクになった脳
3章 腸は考える
4章 神秘的じゃない妊娠のために
5章 父親の役割に注目せよ
6章 卵子凍結をめぐる問題
7章 差別をしないAIをつくる
8章 アシスタントロボットは女性だという錯覚
9章 進化論と和解する方法
10章 フェミニズム物理学の挑戦
11章 21世紀サイボーグの現状
12章 アントロポセンの危機に立ち向かって
おわりに 思い通りにならなかった私の人生から始まる科学技術
感謝のことば
訳者あとがき
参考文献