モンタヌス「日本誌」 英語版

Atlas Japannensis(The Embassays to the Emperours of Japan)

モンタヌス「日本誌」 英語版

ケンペル『日本誌』を遡ること60年、最も早い時期の“日本百科事典”をフォリオ判(原寸大判)で完全復刻。図版96点収録

著者 アーノルダス・モンタヌス
島田 孝右
ジャンル 専門書 > 全集・双書 > 歴史総記
出版年月日 2004/04/01
ISBN 4760125051
判型・ページ数 1200ページ
定価 本体140,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

オランダ人牧師アーノルダス・モンタヌス(1625年頃~1683年)が、東インド会社の使節や宣教師の報告・日記など17世紀初頭から約50年間にわたる膨大な資料をもとに、著述したもの。1669年アムステルダムで初版刊行、同年に独訳、翌年に仏訳、英訳版が刊行された。

【本書の特長】
1.日本に関する西欧入の初期の著作でもっとも詳細かつ有名
カロンの『日本大王国志』(英語版、1663)と並んで西洋でもっとも早く日本の全貌を伝え、60年後にケンペルの『日本誌』が刊行されるまで、鎖国下の日本に関する百科事典的な役割を果たした。
2.西欧における日本像を形成し、『ガリヴァー旅行記』など文学にも大きな影響
本書の影響は地図、詩、歴史、宗教、旅行記などに及び、その木版画は各書にくりかえし利用された。
3.織豊政権から寛文期にいたる約100年の日本の歴史を詳述信長、秀吉、家康の政権交代や、ポルトガル人と日本人との交流とその関係悪化、オランダの進出、鎖国後の長崎・平戸、キリスト教の布教・弾圧など、政治・社会情勢を詳細に記す。
4.多様な日本の自然と文化、地名・語彙を収録
天変地異、珍奇な草木鳥獣、日本人の信仰対象となる神仏、呪術・信仰、風俗習慣など、当時の日本の自然や生活文化についても詳述。
5.興味を喚起する記載
西洋の書物として初めて書かれたオランダ人の踏み絵、ウィリアム・アダムズ(三浦按針)の境涯、キリシタン迫害の地雲仙地獄、遠藤周作『沈黙』に登場するころびバテレン沢野忠庵の記事、大坂夏の陣への言及、1643年に南部の山田湾に漂着したスハープの記録など、多くの注目される記事がある。
【全巻構成】
① 英語版復刻
フォリオ判(418mm×273mm)上製
496ページ・折込図25点
※折込図は背継ぎ製本
Atlas Japannensis
(別名The Embassays to the Emperours of Japan)
Jhon Ogilby訳、ロンドン1670年刊
② 日本語版復刻
菊判上製640頁
『モンタヌス日本誌』和田萬吉訳
丙午出版社1925年刊
③ 別冊解題、索引
A4判 約60頁
解説 島田孝右・楠家重敏(杏林大学)

ご注文

140,000円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.10.23 NEWS

第128回 多田屋教養講座(11月18日開催)

2017.09.19 採用

社員募集

2017.09.11 PR

9/11 読売新聞で紹介!『世界のしくみ まるわかり図鑑』

2017.09.11 イベント

【大反響の新刊『生け雑草』】(9月11日更新)

2017.09.11 PR

9/10 朝日新聞で紹介!『図書館と江戸時代の人びと』

2017.07.10 PR

7/9 読売新聞で紹介!『林檎の木から、遠くはなれて』

2017.06.15 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(6/15現在)

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』