子どもと大人が出会う場所

本のなかの「子ども性」を探る

子どもと大人が出会う場所

大人にも、大切な子どもの部分、がある。子どもと大人はどうすればわかりあえるのか。

著者 ピーター・ホリンデイル
猪熊 葉子 監訳
ジャンル 一般書 > 単行本 > 文学総記
出版年月日 2002/09/01
ISBN 4760122648
判型・ページ数 4-6・320ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定

この本に関するお問い合わせ・感想

埋もれていた「子ども性」Childnessを掘り起こし、新たな機能を与え、「児童文学とはいかなる文学か」という難問に果敢に取り組んだ、刺激的論考(Signs of Childness in Children,s Books 1997)を全訳紹介します。

日本の読者の皆様へ

児童文学とは何かを明らかに―子ども本の「子ども性」のしるし(猪熊葉子)

第1章 子どもの文学の独自性
女性文学と子どもの文学の比較/子ども時代をどう考えるか/フィクションのなかで構築される子ども時代/子どもの文学の独自性/1章のまとめ

第2章 子どもの文学とは何かその定義
ピーター・ハントによる定義とその問題点/子どもの文学を位置づける―作家たちの言い分/子どもの文学の定義リスト/定義6の有効性―「子どもの文学」と「人の子どもの文学」の違い/筆者が提案する「子どもの文学」の定義/筆者の定義の長所と補足/補足(1)子ども時代はいつ終わるのか?/補足(2)子ども時代は大人になっても生き延びるか?/補足(3)子どもの本を読む大人は逃避主義者か?/「子どもの文学」と「子どもの読み方」の三つの特徴―「子ども」だけにかかわる問題か?/2章のまとめ

第3章 批評用語「子ども性」の提唱
英語に欠けている概念の発掘―「子ども性」/「子ども性」という語の意味/子どもの子ども性/大人の子ども性/テクストの子ども性/批評用語としての「子ども性」/子どものありようを表現する語彙の貧困さ/「子ども」の概念にひそむ問題点―「子どもらしい」という語を手がかりに/作家がテクストにもち込む子ども性―アーサー.ランサムの場合/「子どもの子ども性」と「テクストの子ども性」の断絶/子どもにかかわる仕事に欠かせないこと―子ども性の再想像/青春期の文学/3章のまとめ

第4章 記憶と語り1自伝としての子どもの本
直線的な語り/記憶と子ども時代/記憶が紡ぐ物語/自伝としての子どもの本/4章のまとめ

第5章「子ども性」のしるし―作品分析の方法など
「子ども性」の多様さ/「子ども性」の概念を明確化するためのさまざまな問い/「テクスト」と「読むという行為」―子どもの文学は一般文学から分かたれるか否か/「テクストの子ども性」と「読者の子ども性」/テクストのなかの「子ども性」を探る/五章のまとめ

第6章テクストとその子ども性
子ども不在の子ども性/「子どもの文学」と「子ども時代の文学」/子ども性の再想像/6章のまとめ

第7章「若者だけが、そのような瞬間をもてる」
青春期とその文学/成長の二重性―「子どもでいること」と「大人になっていくこと」/「青春期の文学」の代表的な二つの主題/七章のまとめ

用語解説
索引

ご注文

3,000円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.04.25 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(4/25現在)

2017.04.15 NEWS

多田屋教養講座10周年記念 古文書講座 (5月20日)

2017.04.12 採用

営業社員募集

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』