第125回 多田屋教養講座(8月19日開催)

幕末志士の手紙を読もう

2017年は徳川幕府が政権を奉還してから150年、来年2018年は明治に改元してから150年という節目の年です。今回の講座では戦国時代から離れて、激動の幕末維新期を生きた人物の手紙を読んでいきたいと思います。



講師 :小代渉 先生
日時:2017年8月19日(土)  13:00~15:00 (受付開始 12:30~)
会場:ホテルプラザ 菜の花 4階(槙)
    (千葉市中央区長洲1-8-1)
受講料:2,000円
定員:100名(先着順)
※参加ご希望の方、お問い合わせは下記まで
 多田屋千葉営業所 担当:信田・古谷 TEL:043-227-8388
講座のフライヤーはこちらからご覧になれます。
※主催 多田屋のホームページをご覧になるにこちらをクリックしてください。



【講師紹介】
小代 渉(おじろ わたる)
大分県生まれ。千葉大学大学院修了。現在、柏書房編集部員。油井宏子先生の著書をはじめとする古文書関係、および江戸時代・明治時代関係の書籍を主に手掛けている。

【交通案内】
△JR内房・外房線「本千葉駅」下車、徒歩3分
△京成千葉線「千葉中央駅」下車、徒歩10分
△千葉都市モノレール「県庁駅前」下車、徒歩1分
△JR千葉駅前③バス乗り場より小湊バスで「県庁前」下車、徒歩1分
※料金は、100円です。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加