第26回神保町ブックフェスティバルイベント企画「油井宏子先生 古文書講座」

鎖国下での漂流を絵巻で読む

阿波国から江戸に向かった一艘の廻船が、暴風雨に翻弄され、弘化2(1845)年1月13日、やっとのことで無人島にたどり着きます。その島の様子はどうだったのか。外国船に助けられた乗組員たちは、どのような経緯で帰国できたのか。絵巻に書かれたくずし字と絵から、丁寧に読みとっていきましょう。



講師 :油井宏子 先生
日時:2016年10月29日(土)  13:00~(12:30開場)
会場:三省堂書店 神保町本店8階特設会場
受講料:1,500円(当日、会場にてお支払いください)
定員:60名(先着順)
※参加ご希望の方、お問い合わせは下記まで
 TEL:03-3233-3312
講座のフライヤーはこちらからご覧になれます。
※主催 神保町本店の特設サイトをご覧になるにこちらをクリックしてください。
※神保町本店への交通アクセスはこちらでご確認ください。



【講師紹介】
油井 宏子(あぶらい ひろこ)
千葉県生まれ。県立千葉高校、東京女子大学卒業。公立中学校教諭を経て、1989年よりNHK学園古文書講師。全国各地を行脚しながら、古文書の楽しさや面白さを伝えている。著書に『手がかりをつかもう! 古文書くずし字』、ほかに『古文書くずし字 見わけかたの極意』『絵で学ぶ古文書講座』『そうだったのか江戸時代』『古文書はじめの一歩』『江戸が大好きになる古文書』『古文書はこんなに面白い』『古文書はこんなに魅力的』(いずれも柏書房)、『江戸奉公人の心得帖』(新潮新書)、監修書に『江戸時代&古文書虎の巻』『古文書検定入門編』(いずれも柏書房)がある。

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加