柏書房 会社案内
サイトマップ
HOME お知らせ 新刊案内 書籍検索 書籍購入 連載・特別寄稿 リンク集
お問い合わせ eigyo@kashiwashobo.co.jp
 前に戻る
書籍詳細   柏の葉が季節ごとに色を変えます…
暗渠を知ると、「街の見え方」が変わる
『 暗渠マニアック!』
著者: 吉村生 山英男著   書影
定価: 2,376円(税込)
刊行日: 2015年6月
ISBN: 978-4-7601-4609-3
判型: A5判・並製
総ページ数: 224頁
在庫状況: 在庫あり
 
内容: 暗渠を知ると、「街の見え方」が変わる

二人の「暗渠マニア」が散歩で読み解く、見えない街のものがたり

=================================================================
すっかりメジャーとなった「街歩き」趣味は、今や地形・街道・レトロ建築・植生などなど、さまざまなジャンルに細分化が進んでいます。
そんななか、本書が提案するのは「暗渠」! このキーワードを手に入れることで、見慣れた街の見え方が劇的に変わります。
暗渠界を代表する2人が写真や地図などを交えつつ、「歴史掘り下げ型(吉村)」と「俯瞰・分析型(高山)」という縦×横の目線で、暗渠の味わい方、読み解き方を伝授。いつものありふれた風景が、実は知的な刺激に溢れていることを教えてくれる1冊です。
本書では東京以外も足をのばし、千葉vs.埼玉、さらには那覇、札幌、神戸といった地方の暗渠についても語ります。


---------------------------------------------------(目次より)---

[序 章]ようこそ暗渠ロジーへ

[第1章]暗渠、私の「見方」
 桃園川・松庵川に対する私的アプローチ × 暗渠、三つの愉しみ方

[第2章]名所と暗渠
 谷田川暗渠のウラオモテ × 暗渠的名所としての「暗渠サイン」

[第3章]境界と暗渠
 遊郭や城を囲む境界としての暗渠 × データで探る「区境としての暗渠」の全体像

[第4章]湧水と暗渠
 空川湧水探訪 × 都心に潜む「わき水」を調査せよ

[第5章]暗渠への視線
 もうひとつの藍染川、のものがたり ×「暗渠ANGLE」で風景を体系化する

[第6章]東京近郊暗渠、二番勝負!
 千葉の暗渠は一味違う × 埼玉、暗渠ANGLEをめぐる冒険

[第7章]新たな観光資源としての暗渠探訪
 碁盤の目を流るる野生の川跡 北海道札幌市 サクシュコトニ川
 わが故郷のエキサイティング暗渠 栃木県下野市 下谷田川
 ハイセンスな街で味わう濃い川 兵庫県神戸市 鯉川
 南国暗渠と過ごす南国時間 沖縄県那覇市 ガーブ川
 桃園国際空港経由、暗渠行き 台湾・台北市「下水湯」

[コラム]
 あの娘が走った桃園川
 暗渠フィールドワーク便利帳
 やってみました、暗渠アンケート
 こんなにあります、暗渠スイーツ
 暗渠と下水道
 絶景哉、ギャンブル暗渠酒

 暗渠百景

 
"■著者プロフィール

吉村 生 (よしむら・なま)

本業の傍ら、暗渠探索に勤しみ、暗渠ツアーガイドや講演なども行う。杉並区を中心に、郷土史を中心とした細かい情報を積み重ね、じっくりと掘り下げていく手法で暗渠へのアプローチを続けている。もっとも情熱を傾けている暗渠は、杉並・中野を流れていた「桃園川」。『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』では「桃園川」「紅葉川」「谷田川・藍染川」を執筆。

ブログ「暗渠さんぽ」 http://kaeru.moe-nifty.com/

------------------------------------------------------------


高山英男 (たかやま・ひでお)

中級暗渠ハンター(自称)。ある日、「自分の心の中の暗渠」に気づいて以来、暗渠に夢中に。俯瞰と理論化を繰り返すという手法で、東京の暗渠を広く捉えている。好きな暗渠は「草の薫り濃く苔生す裏路地暗渠」。『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』では「エンガ堀」「田柄川」を執筆。本業での著書は『絵でみる広告ビジネスと業界のしくみ』(日本能率協会マネジメントセンター)ほか。

ブログ「東京Peeling!」 http://lotus62.cocolog-nifty.com/"
 


↑先頭へ戻る
 HOME |  お知らせ |  新刊書籍 |  書籍検索 |  書籍購入 |  連載・特別寄稿 |  リンク集 |