柏書房 会社案内
サイトマップ
HOME お知らせ 新刊案内 書籍検索 書籍購入 連載・特別寄稿 リンク集
お問い合わせ eigyo@kashiwashobo.co.jp
 前に戻る
書籍詳細   柏の葉が季節ごとに色を変えます…
チェルノブイリの立入禁止区域内のありのままの光景をカメラにおさめた静謐なるドキュメント。
『 原発事故20年』
-チェルノブイリの現在-
著者: ピエルパオロ・ミッティカ=著 児島修=訳 書影
定価: 3,240円(税込)
刊行日: 2011年10月
ISBN: 978-4-7601-4047-3
判型: B5判変形・並製
総ページ数: 240頁
在庫状況: 在庫有り
 
内容: 爆心地周辺のゴーストタウン、その近辺にいまも暮らす人々の日常、悪性腫瘍、白血病、奇形の身体……。放射能汚染拡散の過程を克明に解説したテキストとともに、日本版のために著者が新たに撮り下ろした福島の写真を収録し、核の恐怖にさらされた現在と未来の姿を同時に告発する。

ナオミ・ローゼンバウム(序文)
ウラジミール・チェルトコフ (「チェルノブイリのモルモット」)
等による寄稿文も収録。

 

目次:


 
●著者
【ピエルパオロ・ミッティカ Dr.Pierpaolo Mittica】
1971 年生まれ。イタリア在住。1997 年にサラエボを撮影して以来、コソボやインド、バングラデシュなど、社会に対して強烈に問いかける写真を撮り続けている。本写真集(原タイトル『Chernobyl the hidden legacy』)はヨーロッパをはじめとする各国で高い評価を得た。

●訳者
【児島 修(こじま・おさむ)】
1970年生まれ。立命館大学文学部卒業。フリーランスの出版・実務翻訳者として、主にビジネス、IT、スポーツなどの分野で活躍中。訳書に『成功者は皆、ストーリーを語った』(アルファポリス)など。
 


↑先頭へ戻る
 HOME |  お知らせ |  新刊書籍 |  書籍検索 |  書籍購入 |  連載・特別寄稿 |  リンク集 |