柏書房 会社案内
サイトマップ
HOME お知らせ 新刊案内 書籍検索 書籍購入 連載・特別寄稿 リンク集
お問い合わせ eigyo@kashiwashobo.co.jp
 前に戻る
書籍詳細   柏の葉が季節ごとに色を変えます…
帝大を史上最悪の危機に陥れた〈蓑田的なるもの〉とは何か
『 日本主義的教養の時代』
-大学批判の古層-
【パルマケイア叢書】
著者: 竹内洋/佐藤卓己=編 書影
定価: 4,104円(税込)
刊行日: 2006年2月
ISBN: 4-7601-2863-8
判型: A5判・上製
総ページ数: 312頁
在庫状況: 在庫有り
 
内容: 容赦ない糾弾と告発で帝大教授たちを戦慄させた右翼思想家・蓑田胸喜と原理日本社。戦後アカデミズムが忘却した右翼教養主義の栄光と挫折を辿り、大正・昭和思想史の再考を迫る。

目次:第一章 帝大粛正運動の誕生・猛攻・蹉跌(竹内洋)
第二章 天皇機関説批判の「論理」――「官僚」批判者蓑田胸喜(植村和秀)
第三章 写生・随順・拝誦――三井甲之の思想圏(片山杜秀)
第四章 英語学の日本主義――松田福松の戦前と戦後(福間良明)
第五章 戦時期の右翼学生運動――東大小田村事件と日本学生協会(井上義和)
第六章 日本主義的社会学の提唱――赤神良譲の学術論(石田あゆう)
第七章 日本主義ジャーナリズムの曳光弾――『新聞と社会』の軌跡(佐藤卓己)

 
竹内洋(TAKEUCHI Yo)
1942年新潟県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。京都大学大学院教育学研究科教授を経て、現在、関西大学文学部教授。京都大学名誉教授。

植村和秀(UEMURA Kazuhide)
1966年京都府生まれ。京都大学法学部卒業。現在、京都産業大学法学部教授。

片山杜秀(KATAYAMA Morihide)
1963年宮城県生まれ、慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士単位取得退学。著述業。

福間良明(FUKUMA Yoshiaki)
1969年熊本県生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。現在、香川大学経済学部助教授。

井上義和(INOUE Yoshikazu)
1973年長野県生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程退学。現在、関西国際大学メディアセンター専任講師。

石田あゆう(ISHIDA Ayuu)
1973年大阪府生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位認定退学。現在、京都精華大学人文学部講師。

佐藤卓己(SATO Takumi)
1960年広島県生まれ。1989年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。東京大学社会情報研究所助手、同志社大学文学部助教授、国際日本文化研究センター助教授を経て、現在、京都大学大学院教育学研究科助教授。
書 評
◆望田幸男氏評「思想の内実に迫り新鮮な成果」(京都新聞、2006.2.26)
◆松浦雄介氏評「近代日本の知 問いなおす」(熊本日日新聞、2006.3.19)
◆匿名氏評「情熱の由来尋ね 時代を研究」(中外日報、2006.3.23)
◆御厨貴氏評「戦前「知的営為」の可能性を再考する」(毎日新聞、2006.4.2)
◆郷原信之氏執筆「戦前の大学「国粋」へ傾く 右派知識人の研究相次ぐ」(日本経済新聞、2006.4.8)
◆赤澤史朗氏評「自由主義者糾弾の動機示す」(朝日新聞、2006.4.9)
◆佐藤俊樹氏評「日本主義って結局なんだったの?」(論座、2006.5)
 


↑先頭へ戻る
 HOME |  お知らせ |  新刊書籍 |  書籍検索 |  書籍購入 |  連載・特別寄稿 |  リンク集 |