新刊

悪魔の日記を追え

FBI捜査官とローゼンベルク日記

悪魔の日記を追え

狂気の独裁者に従う凡庸な夢想家。失われた日記の行方を追って、捜査官は100年前の歴史と向き合う。

著者 ロバート・K・ウィットマン
デイヴィッド・キニー
河野 純治
ジャンル 一般書 > 単行本 > 外国歴史
出版年月日 2017/07/03
ISBN 9784760148752
判型・ページ数 4-6・506ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

ヒトラーの思想をささえた、アルフレート・ローゼンベルク。狂気の独裁者に従う凡庸な夢想家を、戦後裁くのは、故国を追われたひとりの男。その手の中には、世界を混乱へと陥れた者たちの、一冊の日記があった――。そして消失する証拠品。失われた日記の行方を追って、捜査官は100年前の歴史と向き合う。

【著者紹介】
ロバート・K.ウィットマン Robert K. Wittman
元FBI特別捜査官。20年のキャリアの中で美術犯罪チームの創設に尽力し、同チームの幹部捜査官も務める。世界で犯罪捜査を指揮するとともに、警察組織や美術館に、美術犯罪の捜査や盗難品の回収、美術品の警備に関する技術指導を行ってきた。現在、国際美術警備保障会社、Robert Wittman Inc.代表取締役。主な著書に『FBI美術捜査官 盗まれた名画を追え』(柏書房)がある。

デイヴィッド・キニー David Kinney
ジャーナリスト。2005年には政治記者としてピュリッツァー賞受賞に貢献。現在「ニューヨーク・タイムズ」「ワシントン・ポスト」「フィラデルフィア・インクワイアラー」「ロサンゼルス・タイムズ」紙などに寄稿。主な著書に『The Dylanologists: Adventures in the Land of Bob』『The Big One: An Island, an Obsession, and the Furious Pursuit of a Great Fish』などがある。

【訳者紹介】
河野純治(こうの・じゅんじ)
1962年生まれ。明治大学法学部卒業。翻訳家。主な訳書に『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』『ホーキングInc.』(ともに柏書房)『ピュリツァー賞受賞写真全記録』(日経ナショナルジオグラフィック社)『趙紫陽極秘回想録』『ぼくはいかにしてキリスト教徒になったか』(ともに光文社)『アフガン侵攻1979-89 ソ連の軍事介入と撤退』『不屈 盲目の人権活動家 陳光誠の闘い』(ともに白水社)『中国安全保障全史』(みすず書房)『イスラエル秘密外交』(新潮社)などがある。
プロローグ 金庫室 

消失と発見 1949~2013
 第1章 十字軍戦士 
 第2章 「何もかもなくなった」 
 第3章 「邪悪なる者の心を覗きこむ」 

不安定な日々 1918~1939
 第4章 「運命の継子たち」
 第5章 「この地で最も嫌われている新聞!」    
 第6章 夜のとばり    
 第7章 「ローゼンベルクの道」    
 第8章 日記    
 第9章 「賢明な行動と幸運な偶然」    
 第10章 「私にとって時はまだ熟していない」    
 第11章 トスカーナでの亡命生活    
 第12章 「私は長老たちの心をつかんだ」    
 第13章 脱出    

戦争 1939~1946 
 第14章 「これからの苦難」    
 第15章 売り込み    
 第16章 パリの盗人たち    
 第17章 「ローゼンベルクよ、君にとって重大な時が来た」   
 第18章 「特殊任務」
 第19章 「私たちの悲劇的な特別な運命」
 第20章 隣のナチ
 第21章 混沌省
 第22章 「廃墟」
 第23章 「彼に最後まで忠誠を尽くした」

エピローグ

ご注文

2,700円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.07.19 イベント

【大反響の新刊『生け雑草』】

2017.07.15 NEWS

第125回 多田屋教養講座(8月19日開催)

2017.07.10 PR

7/9 読売新聞で紹介!『林檎の木から、遠くはなれて』

2017.06.15 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(6/15現在)

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』