マクソーリーの素敵な酒場

マクソーリーの素敵な酒場

1940年代ニューヨークの裏通りにうずまく、人びとの喜びと哀しみ。

著者 ジョゼフ ミッチェル
土屋 晃
ジャンル 専門書 > 単行本 > 外国文学、その他
シリーズ ジョゼフ・ミッチェル作品集
出版年月日 2017/02/24
ISBN 9784760147892
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

雑誌〈ニューヨーカー〉随一の書き手といわれ、作家・常盤新平氏が絶賛した稀代の名文家、ジョゼフ・ミッチェル。1940年代ニューヨークの裏通りにうずまく、人びとの喜び、哀しみ、そして諦め。日々したたかに、しかし誇り高く生きる市井の人びとへまなざしを向ける。今なお色あせない、ジャーナリズムの傑作。

バワリーにある古い酒場の店主の父子。小さな映画館をひとりで切り盛りする女性。「教授」と呼ばれているグリニッチヴィレッジの放浪者。個人博物館を開き、持ち物の由緒を語る自称「船長」。長いひげを生やしたレディ。マンハッタンの天才児。セントラルパークの洞穴で寝起きする夫婦。世の中から汚い言葉を撲滅しようとする男。口の悪い、バーの店主。ビーフステーキには一家言ある精肉店の店主。そして、そこに集う街の人びと――。収録された作品は、すべて実在の人物に取材したルポルタージュ。ジョゼフ・ミッチェル作品集、刊行開始!

【著者紹介】

ジョゼフ・ミッチェル Joseph Mitchell

1908年、米国ノースカロライナ州生まれ。21歳の時にニューヨークへ出て、「ニューヨーク・ワールド」紙、「ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン」紙、「ニューヨーク・ワールド・テレグラム」紙の記者として勤める。1938年から「ニューヨーカー」誌のスタッフライターとなり、寡作ではあるが同誌の最も優れた書き手のひとりと謳われた。1996年歿。


【訳者紹介】

土屋晃(つちや・あきら)

1959年東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。主な訳書にウィットマン『FBI美術捜査官 奪われた名画を追え』(柏書房)、キング『ジョイランド』、ディーヴァー『限界点』(ともに文藝春秋)、カッスラー&ケンプレコス『パンデミックを阻止せよ』(新潮社)、トイン『ザ・キー』(アルファポリス)、ラピドゥス『イージーマネー』(講談社)などがある。

故郷のなつかしき家
メイジー
カモメ教授
頭に牛がぶつかって
レディ・オルガ
神童との夜
穴居人たち
罵らせない男
ある安酒場の蓋棺録
五ドルでたらふく

ジョゼフ・ミッチェルについて
著者より

ご注文

1,800円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連書籍

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2018.04.25 イベント

5月16日(水)永井義男さんトークイベント「時空を超えて見る 江戸の経済感覚」

2018.04.21 NEWS

第134回 多田屋教養講座(2018年5月19日開催)

2018.04.02 イベント

5月1日(火)永井義男さん講演「江戸時代へのタイムトラベルは、天国か地獄か?」

2018.04.02 イベント

4月26日(木)藤井青銅さんトーク会「日本の伝統文化はビジネスになる!?」

2018.03.28 イベント

4月19日(木)藤井青銅さんトーク会「それって本当に伝統ですか? 会議」

2018.03.28 イベント

4月9日(月)長谷川ヨシテルさんトーク会「日本史はポンコツと裏方がつくる!?」

2018.03.17 NEWS

第133回 多田屋教養講座(2018年4月21日開催)

2018.02.23 イベント

3月21日(水・祝)長谷川ヨシテルさんトーク&サイン会「ポンコツ武将をさがせ!」

2018.02.07 イベント

3月2日(金)「おじさん鑑賞の夕べ~築地魚河岸オヤジ編」開催

2017.12.27 イベント

1月16日(火)開催 「日本の伝統」のもやもや感、晴らします!

2017.12.21 イベント

1/13(土)「おじさん鑑賞の夕べ」開催のお知らせ

2017.12.21 イベント

1/8(祝)~1/21(日)『パリのすてきなおじさん』原画展&在店日のお知らせ

2017.09.19 採用

社員募集

2017.09.11 PR

9/11 読売新聞で紹介!『世界のしくみ まるわかり図鑑』

2017.09.11 イベント

【大反響の新刊『生け雑草』】(9月11日更新)

2017.09.11 PR

9/10 朝日新聞で紹介!『図書館と江戸時代の人びと』

2017.07.10 PR

7/9 読売新聞で紹介!『林檎の木から、遠くはなれて』

2017.06.15 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(6/15現在)

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』