プレジデント・クラブ

元大統領だけの秘密組織

プレジデント・クラブ

政治の表舞台の陰、様々な局面でアメリカの歴史を左右してきた「もうひとつのホワイトハウス」を描くノンフィクション

著者 ナンシー・ギブス
マイケル・ダフィー
横山 啓明
ジャンル 一般書 > 単行本 > 政治-含む国防軍事
出版年月日 2013/02/01
ISBN 9784760142200
判型・ページ数 4-6・808ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

第二次大戦が終わり、アメリカは内外の問題に国全体として立ち向かわなければならない状況にあった。民主・共和の党派を超えて協力し、様々な難局を乗り越えなければならない中、時の大統領トルーマンが頼りにしたのは、元大統領フーヴァーだった。政党も違い、一線から退いていた71歳のフーヴァーを自ら説き伏せ、海外へ派遣。フーヴァーが会談した外国の元首は36人にのぼる。そのほかにもCIAの設置、国防総省の設立、大統領経済諮問会など、フーヴァーの助言を次々に法制化して実現させていく。

 これをヒントに、歴代大統領が党派を超えて、その知恵を生かそうと、できたのが「プレジデント・クラブ」だ。その後、ここでは歴代の大統領が、歴史的に重要な政策決定の際に様々な面で助言をすることになる。その多くは、国をひとつにするための党派を超えた助言だが、中には前任者の権力残存を嫌い、かえって反目し合った例も少なくない。ケネディは、ピッグス湾事件についてアイゼンハウアーの助言を無視。アイゼンハウアーが大統領選の水面下でレーガンを支援した真相。ニクソンがジョンソンと共謀し、その後裏切る行程。ニクソンを強烈に信奉したクリントンが毎年読み返す、ニクソンからの手紙について。クリントンとオバマの確執の元になった事件など…。長年ホワイトハウスを追ってきたジャーナリストが追う、アメ政治の表舞台の陰、様々な局面でアメリカの歴史を左右してきた「もうひとつのホワイトハウス」を描くノンフィクション
はじめに
★トルーマンとフーヴァー/追放からの帰還
★アイゼンハウアーとトルーマン/慎重な求愛、苦い別れ
★ケネディとその仲間/新入りいじめ
★ジョンソンとアイゼンハウアー/義兄弟
★ニクソンとレーガン/カリフォルニア・ボーイズ
★ジョンソンとニクソン/瓶のなかの二匹のサソリ
★ニクソンとジョンソン/その絆と脅迫
★ニクソンとフォード/どのような犠牲を払おうとも慈悲を
★フォードとレーガン/家族のあいだの確執
★ニクソン、フォード、カーター/三人の男たちと葬式
★レーガンとニクソン/追放者が戻ってきた
★ブッシュとニクソン/正直者が馬鹿を見る
★ブッシュとカーター/派遣団の反抗
★六人の大統領/プレジデント・クラブの黄金期
★ブッシュとクリントン/悪童と反乱
★ブッシュとブッシュ/父と息子
★オバマとそのクラブ/習熟曲線
結び
訳者あとがき

参考文献

ご注文

2,800円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.07.19 イベント

【大反響の新刊『生け雑草』】

2017.07.15 NEWS

第125回 多田屋教養講座(8月19日開催)

2017.07.10 PR

7/9 読売新聞で紹介!『林檎の木から、遠くはなれて』

2017.06.15 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(6/15現在)

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』