驥尾団子 復刻版 (全10巻)

驥尾団子 復刻版

明治政府がもっとも恐れた漫画諷刺雑誌

著者 新井 勝紘
ジャンル 専門書 > 全集・双書 > 日本歴史
出版年月日 2003/11/01
ISBN 4760124543
判型・ページ数 B5・3800ページ
定価 本体180,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

姉妹雑誌『団団珍聞』に劣らぬ滑稽譜謹と狂画を武器に、明治10年代を縦横無尽に駆け抜け、そして「自害」した、目本近代史上においてもっとも過激なカリカチュール『驥尾団子』の全貌が、はじめて明らかに。

【驥尾団子】とは
内務省を辞めて、団団社を創設した野村文夫(天保7年生、広島藩医の息、洋学者)によって創刊された雑誌。団団社からは、まず『団団珍聞』(まるまるちんぶん)が明治10年(1877)3月24日に発行され、これは明治40年(1907)7月27日の第1654号まで続いた。ついで『駿尾団子』(きびだんご)は、『団団珍聞』の附録より独立して、明治11年10月9日に刊行を開始。『団団珍聞』とともに、得意の狂画・狂文・投書(なげぶみ)で政府要人・官僚らを…風刺し続けた。同社発行の二誌は、大衆から絶大な人気を博し、最盛期の明治13年には、二誌合計で年間34万部以上が発行されている(『東京府統計表』)。その後、この二誌を狙い撃ちにした明治16年4月の「改正新聞紙条例」により、『驥尾団子』は明治16年5月9日の第235号をもって廃刊となった。

『驥尾団子』の特長
1.『驥尾団子』全235巻を原寸で完全復刻
明治新聞雑誌文庫の創設者・宮武外骨が少年時代に愛して止まなかった雑誌を、同文庫所蔵本を底本としてはじめて復刻。
2.図版総点数およそ950点
一九世紀中葉にロンドンで生まれた雑誌『パンチ』にも影響を受けた、「於東京絵(おどけゑ)」「狂画」と呼ばれる、当時最新の技術を駆使して製版印刷された貴重な図版が満載。多色摺の折込16点も忠実に再現。洋画の先駆者・本多錦吉郎による傑作「狂画」は秀逸。
3.発刊禁止も恐れぬ、独自の姿勢
民権と国権が激しく衝突した明治10年代、得意の狂画・狂歌・狂文で岩倉具視・伊藤博文・黒田清隆ら政府要人を徹底的に調刺し続けた『驥尾団子』は、筆禍を恐れた当該期の新聞紙面からは読み取ることができない、本音で語られた資料の宝庫。
4.多様な研究テーマを提供
近代政治史や自由民権運動史研究はもとより、風俗史・メディア史・美術史まで、あらゆるジャンルの研究に利用できる資料。


描かれている12人は誰だ?(明治13年2月18日、第68号)

ご注文

180,000円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2018.04.25 イベント

5月16日(水)永井義男さんトークイベント「時空を超えて見る 江戸の経済感覚」

2018.04.21 NEWS

第134回 多田屋教養講座(2018年5月19日開催)

2018.04.02 イベント

5月1日(火)永井義男さん講演「江戸時代へのタイムトラベルは、天国か地獄か?」

2018.04.02 イベント

4月26日(木)藤井青銅さんトーク会「日本の伝統文化はビジネスになる!?」

2018.03.28 イベント

4月19日(木)藤井青銅さんトーク会「それって本当に伝統ですか? 会議」

2018.03.28 イベント

4月9日(月)長谷川ヨシテルさんトーク会「日本史はポンコツと裏方がつくる!?」

2018.03.17 NEWS

第133回 多田屋教養講座(2018年4月21日開催)

2018.02.23 イベント

3月21日(水・祝)長谷川ヨシテルさんトーク&サイン会「ポンコツ武将をさがせ!」

2018.02.07 イベント

3月2日(金)「おじさん鑑賞の夕べ~築地魚河岸オヤジ編」開催

2017.12.27 イベント

1月16日(火)開催 「日本の伝統」のもやもや感、晴らします!

2017.12.21 イベント

1/13(土)「おじさん鑑賞の夕べ」開催のお知らせ

2017.12.21 イベント

1/8(祝)~1/21(日)『パリのすてきなおじさん』原画展&在店日のお知らせ

2017.09.19 採用

社員募集

2017.09.11 PR

9/11 読売新聞で紹介!『世界のしくみ まるわかり図鑑』

2017.09.11 イベント

【大反響の新刊『生け雑草』】(9月11日更新)

2017.09.11 PR

9/10 朝日新聞で紹介!『図書館と江戸時代の人びと』

2017.07.10 PR

7/9 読売新聞で紹介!『林檎の木から、遠くはなれて』

2017.06.15 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(6/15現在)

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』