はじめてのデモクラシー講義

はじめてのデモクラシー講義

いまどきの学生に捧げる新しい教科書

著者 岡田 憲治
ジャンル 一般書 > 単行本 > 社会
出版年月日 2003/09/01
ISBN 4760124063
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫僅少

この本に関するお問い合わせ・感想

「先生、僕たちにもわかるように説明してください…」ひと昔前にはありえなかった要望に毎年頭を抱える政治学徒・岡田。そんな彼が試行錯誤の末にたどり着いた《レベルを落とさずに、日本政治の根幹であるデモクラシーを伝えるテキスト》がついに完成。もう、「つまらない」「関係ない」とは言わせません。

この本はひとつのギャンブルである――まえがきに代えて

前期講座 デモクラシーが嫌いな市民の歴史

オリエンテーション 自分たちの呼び方・呼ばれ方/こうありたいという欲望/言葉の運命はそれを使う者が決める

第1講 デモスと呼ばれた人々
デモス+クラティア=デモクラシー/出入りの自由・不自由

第2講 市民という言葉の始まり
中世自由(自治)都市に生まれた市民/自由都市、堺の十人衆/絶対主義近代国家の性格/近代国家の市民階級/君主にとって不可欠な金づる/君主への不満と市民革命

第3講 市民に出された宿題
教会の没落と市民の立場/社会契約論という理論武装/政府はろくでなしであるという原則

第4講 市民社会の対抗原理
独自の原理としての公共性/市民社会のセンス

第5講 金持ち市民と貧乏労働者
特権階級としての市民/4番目の労働者階級/労働者階級の反抗策/平等を目指す大衆社会へ

第6講 面倒をみる国家の登場
大衆が変える政府の役割/肥大する福祉国家の登場/国家ナショナリズムの暴走:第一次世界大戦という不幸/手放された市民社会の公共性/大衆国家の行き着いたところ:ファシズム/もうひとつの道筋:スターリニズム/二つの悲劇に相通じるもの

第7講 アメリカという特殊な大衆社会
ファシズムからの解放者/社会の発展が国家に先行/階級なき平等な社会/国家ナショナリズムの暴走を防ぐ仕組み/政府は小さく弱く分散しているほうが良い/世界一豊かな大衆社会/豊かな大衆社会の危険

後期講義 僕たちは市民なのだろうか?

第8講 日本国民と日本の市民(Shimin)
日本の知識人が憧れた市民社会/アメリカは自由で平等だから強かった/まわりは腹を減らした国民ばかり/しょせんは「市民」と冷ややかなマルクス主義者/国民という呼び名とその起源/明治政府による国民の創造/日本国民がなめられた日露戦争/日本国憲法の誤訳/国民という呼び名の持つ力/愛国者という意識/60年安保闘争が生んだ市民/なぜ安保闘争が盛り上がったのか/声なき声の会/「市民のみなさん!」/自前の市民像:裸の人間/自前の市民像:意味付けされない人たち

第9講 豊かなニッポン株式会社
戦後復興という背景/高度経済成長の季節/社会主義政党の存在理由/豊かになる日本の労働者/胡坐をかく社会主義政党の衰退/お国に先導される社会/総動員体制が生んだ高度成長/ニッポン株式会社方式の功罪

第10講 僕たちの様々な呼び名
行政区分としての市民/住民:生活者としての立場/人民・大衆・庶民/鳩山VS中曽根:市民・庶民論争/平準化と大衆の意味の変化/管理社会化とエリートの没落/国民:すべてを吸収する天蓋

第11講 僕たちの成熟と未成熟
現代にも息づく市民精神/もう一つの市民精神:国家のために死ねるか/ポリスは小さな共同体だった/僕たちの未成熟/僕たちの成熟

第12講 市民以前の原則:デモクラシー
市民という言葉の棚上げ/デモクラシーの最もシンプルな意味/政治的ⅡⅤ民主主義者的/再びデモスという呼び名について

おわりに
あとがき

ご注文

1,600円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.18 NEWS

第120回 多田屋教養講座「戦国武将の手紙を読もう」

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.04 採用

現在募集している職種はありません。

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』