CD-ROM版・731部隊資料集成

CD-ROM版・731部隊資料集成

細菌戦の戦争犯罪はどのように隠蔽されたか?

著者 近藤 昭二
出版年月日 2003/11/01
ISBN 4760124047
判型・ページ数 5100ページ
定価 本体50,000円+税
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ・感想

1947年1月、ソ連は東京裁判の国際検察局を通じてアメリカ軍に旧日本陸軍細菌戦部隊幹部3人の尋問を要求してきた。提出された証拠資料によって初めてアメリカ側は731部隊による人体実験・中国への細菌戦の事実を知る。本国より派遣された専門家による密かな追及、同時に進められるGHQ・法務局の戦犯容疑者の捜査、天皇の戦犯訴追を懸命に回避しようと詭弁を弄する政府高官たち、緊張をはらんだ米ソの冷戦を巧みに利用しながら石井四郎隊長は戦犯免責を条件に研究成果の提供を申し出る。はたしてこれを受け入れるべきかどうか、マッカーサー司令部と本国3省調整委員会とで数ヶ月に及んで繰り広げられた激しい応酬の内容や、取引成立の結果どのような研究データがアメリカ側の手に渡ったかを本書収録の文書がつまびらかにしている。新発見の史料を含め、これまでに知られた731部隊に関連する英文文書が網羅されている。

【本書の特徴】
1. 細菌戦の戦争犯罪をめぐる日米それぞれの動き、裏取引成立の経緯が克明に解明される
2. 解剖レポートがナマのまま復元されるのでペスト菌・炭疽菌・鼻疽菌の人体感染の実態が明らかになっている
3. 生物戦研究の現状、医学倫理を検討する上で基本的な問題点を提示している
4. 日米関係・戦争犯罪問題・医学史研究の飛躍に貢献する貴重な原史料が公開される
5. アメリカとイギリスの公文書館、議会図書館、マッカーサー記念館に保管されている関連文書が一堂に収集されている
6. 日本帝国政府情報公開法による調査機関lWGによって最近新しく発見された史料を含む
7. 重要な史料には編者が1点ごとに簡単な解説を付した

【編者略歴】
近藤昭二 1941年生まれ。ジャーナリスト、脚本家・ディレクターとして現代史・司法関係の作品が多い。細菌戦裁判(2002年8月東京地裁判決)で隠蔽問題の鑑定証人。主な作品にテレビ「今も続く細菌戦の恐怖」(ギャラクシー賞)、映画「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」(ATG)、著書『月蝕の迷路――徳島ラジオ商事件』(文塾春秋)、『細菌戦部隊』(共編、晩聲社)、訳書『死の工場隠蔽された731部隊」(柏書房)などがある。
資料No 資料名
1 発覚細菌兵器の使用か
2 中国のペスト事件
3 捕虜・押収品からの情報
4 日本と生物戦」
5 北條圓了の論文
6 ギデス報告書
7 特別プロジェクト定期情報レポート」
8 日本軍の生物戦」
9 マレー・サンダースの調査
10 マレー・サンダース・レポート
11 マレー・サンダース・レポート補遺
12 トンプソンらによる石井・北野たちの尋問
13 生物戦一諸外国の活動と能力
14 アーヴォ・トンプソン・レポート
15 石井四郎ファイル
16 ジョージ・W・マーク・レポート
17 GHQ法務局の調査
18 東京裁判未提出記録
19 東京裁判公判記録
20 ソ連からの要求
21 柄澤十三夫・川島清調書
22 SWNCC351関係マッカーサーと三省調整委員会の応酬
23 ノバート・H・フェルの調査
24 北野政次の提出文書
25 ノバートH・フェル・レポート
26 細菌戦調査レポートの写し
27 亀井貫一郎の役割
28 T・B・イングリス・レポート
29 “Q”レポート第1分冊
30 “Q”レポート第2分冊
31 “A”レポート
32 “G”レポート
33 エドウィン・V・ヒル・レポート
34 増田知貞の論文
35 ダグウェイ文書
36 バロフスク公判書類(英文版)
37 ソ連での捕虜の動静
38 国際科学委員会の調査報告書
39 退役軍人問題委員会の公聴会議事録
40 ロバート・ピーティー少佐の日記
41 ウィリアム・R・ギル大尉の手記

ご注文

50,000円+税

カートに入れる

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ書籍

お知らせ

一覧

2017.09.19 採用

社員募集

2017.09.11 PR

9/11 読売新聞で紹介!『世界のしくみ まるわかり図鑑』

2017.09.11 イベント

【大反響の新刊『生け雑草』】(9月11日更新)

2017.09.11 PR

9/10 朝日新聞で紹介!『図書館と江戸時代の人びと』

2017.07.10 PR

7/9 読売新聞で紹介!『林檎の木から、遠くはなれて』

2017.06.15 イベント

2017年古文書フェア 開催店舗様一覧(6/15現在)

2017.04.04 PR

3/26 北日本新聞ほかで紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.04.04 PR

3/25 月刊Hanadaにて紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.27 イベント

トークイベント「出版社と図書館が築く新しい時代」

2017.03.21 PR

3/19 日経新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.10 PR

3/10 日経新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.03.07 PR

3/7 「ミセス」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.03.07 PR

3/7 神奈川新聞で紹介!『社史の図書館と司書の物語』

2017.03.06 PR

3/6 毎日新聞で紹介!『マクソーリーの素敵な酒場』

2017.02.10 PR

2/10 「週刊読書人」「サンデー毎日」で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.24 PR

1/22 日経新聞で紹介!『ブロンテ三姉妹の抽斗』

2017.01.17 PR

1/17 「本の雑誌」で紹介!『箸はすごい』

2017.01.13 PR

1/6 婦人公論で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.16 PR

12/15 日経新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.12.15 PR

12/9 「週刊読書人」で紹介!『マーク・トウェインはこう読め』

2016.12.15 PR

12/8 「新建築」で紹介!『受け継がれる住まい』

2016.11.29 PR

11/27 毎日新聞で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.11.29 PR

11/27 京都民報で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.10.26 PR

10/26 サンデー毎日で紹介!『文明開化がやって来た』

2016.10.26 PR

10/26 週刊現代で紹介!『箸はすごい』

2016.10.24 PR

10/23 毎日新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.10.03 PR

10/2 朝日新聞、東京新聞、週刊読書人で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.15 PR

9/11 西日本新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.09.12 PR

9/11 日経新聞で紹介!『ユリシーズを燃やせ』

2016.08.29 PR

8/28 東京新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.08.22 PR

8/19 レインボータウンFMに出演!『今のことばで覚える 初めてのくずし字』

2016.08.16 PR

8/12 週刊読書人で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.10 PR

8/7 西日本新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』ほか

2016.08.08 PR

8/7 朝日新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.02 PR

7/31 東京新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.08.01 PR

7/31 読売新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.26 PR

7/24 北海道新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.07.19 PR

7/17 沖縄タイムス他で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.07.11 PR

7/10 日経新聞で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.07.11 PR

7/10 産経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.06.17 PR

6/16 週刊文春・私の読書日記で紹介!『金持ちは、なぜ高いところに住むのか』

2016.06.13 PR

6/12 毎日新聞・京都版で紹介!『総力戦体制の正体』

2016.06.13 PR

6/12 東京新聞で紹介!「ヴェルヌの『八十日間世界一周』に挑む」

2016.06.06 PR

6/5 日経新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

エル・ジャポン7月号で紹介!『ブレイクの隣人』

2016.05.30 PR

5/29 毎日新聞で紹介!『箸はすごい』

2016.05.30 PR

5/26 山陽新聞で紹介!『天皇に選ばれた建築家 薬師寺主計』